スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋人



君が待つ世界で 僕が一人だけだったなら そうあればいいな
一日一秒足りも 未来に怯えないでよ まだ わかるかな いいかい?
ありきたりな夢と言われても仕方ないんだけど 現実がこれだからさ
なにくわない顔で 心は不安だらけだよ 情けないな

毒の雨あられ 股の間 これ揉んで下さい お願い

僕の手を抱き引き寄せる君 ここ焼け焦げて歩きづらい道
君のため 何ができるかな?
夢を諦め生きてくだけの 生きがいなんて君だけさ一人
無くなれば 人間やめるから

僕が理想まで追いつかない 日常が歯痒い

泣いて出て行く後姿に僕は声もかけることできずに
想いさえ うまく伝わらない
だけど歌を忘れてしまったら 僕が僕でないために バイバイ
どのみち AH 人間やめなくちゃ

夢を見てる。
君が、「アナタ・・・アナタ・・・好きよ・・アナタ・・アナタ」
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
Google+@Obe0207
Obe音源試聴
商品などに関するお問い合わせは、問い合わせフォームに連絡頂けるとうれしいです。ご購入の方は、Muzieの方でも通信販売を行っています。
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

創作物
【投稿作品マイリスト】 お問い合わせフォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。